メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

11万人、みんなの五輪 ボランティア愛称、東京も

募集するボランティアの役割と人数の目安

ロンドン「ゲームズメーカー」/平昌「パッションクルー」

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は28日、ボランティアの募集要項案を公表した。今後、独自の愛称を付けた上で9月中旬から計約11万人のボランティアの募集を開始する。

 東京五輪では過去最多の33競技339種目が実施される。大会の顔と呼ばれるボランティアを抜きにした運営は難しく、参加意識をいかに高めるかが課題となっている。その一環が独自の愛称だ。

 12年ロンドン五輪ではボランティアを「ゲームズメーカー(大会を作る人々)」と名付け、大会運営の一翼…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1122文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです