メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバ

東京五輪は野球などに重点 スポーツ庁長官来日

「東京五輪は成功する」と語ったキューバ・スポーツ庁のアントニオ・ベカリ長官=東京都港区のキューバ大使館で2018年4月12日、庭田学撮影

 「2020年、東京五輪の野球の決勝はキューバ対日本で、九回まで同点。その最終回にデスパイネ(キューバ出身、プロ野球ソフトバンク)が打席に立つ。大谷(翔平、大リーグ・エンゼルス)が投げるのは六回まで。そんな夢を見ている」。キューバのアントニオ・ベカリ・スポーツ庁長官が12日、東京都内の同国大使館であった記者会見で語った。

 五輪に向けた事前合宿地の選定準備などのために来日した。キューバは陸上、ボクシング、柔道、レスリング…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文684文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです