メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年の東京パラリンピック

パワーリフティング ラオス代表、事前キャンプ 別府で県内初 /大分

 2020年の東京パラリンピックで、パワーリフティングのラオス代表が別府市で事前キャンプをすることが決まった。同市の社会福祉法人「太陽の家」がラオスとスポーツ交流を深めてきたことから実現した。東京五輪・パラリンピック関連のキャンプが決定したのは県内で初めて。これを弾みとして、県や県内の自治体は地域おこしのため、キャンプの誘致活動を活発化させたい考えだ。

 太陽の家では約15年前から、ラオスから障がい者の仕事やスポーツを学ぶ研修生を受け入れたり、職員を現…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  3. 死体遺棄 女性、28日帰宅後不明 警視庁、容疑者を殺害で追及
  4. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  5. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです