メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年の東京パラリンピック

パワーリフティング ラオス代表、事前キャンプ 別府で県内初 /大分

 2020年の東京パラリンピックで、パワーリフティングのラオス代表が別府市で事前キャンプをすることが決まった。同市の社会福祉法人「太陽の家」がラオスとスポーツ交流を深めてきたことから実現した。東京五輪・パラリンピック関連のキャンプが決定したのは県内で初めて。これを弾みとして、県や県内の自治体は地域おこしのため、キャンプの誘致活動を活発化させたい考えだ。

 太陽の家では約15年前から、ラオスから障がい者の仕事やスポーツを学ぶ研修生を受け入れたり、職員を現…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 維新 大阪府内で首長を着々と増やす
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです