メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SクライミングW杯

初参戦の15歳伊藤は予選敗退

予選敗退に終わった女子の伊藤ふたば=共同

 2020年東京五輪で実施されるスポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は13日、スイスのマイリンゲンで今季開幕戦となるボルダリング第1戦の予選が行われ、女子でW杯初参戦だった注目の15歳、岩手・盛岡中央高1年の伊藤ふたば(TEAM au)は27位となり、20人で争う14日の準決勝進出を逃した。

     日本勢の女子はともに3位の野口啓代と野中生萌(ともにTEAM au)ら4人、男子は、16年W杯ボルダリング総合優勝の楢崎智亜らが予選を通過した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    2. 山口メンバー 「本当に申し訳ない」涙で謝罪 無期限謹慎
    3. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
    4. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
    5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]