メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

フィギュアスケート 「ユヅおかえり」10万人熱狂 仙台でパレード

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を果たした羽生結弦選手(23)が22日、出身地の仙台市で凱旋(がいせん)パレードを行った。主催者によると、沿道には10万8000人が集まり、2014年ソチ五輪の金メダルを祝うパレードの約9万2000人を上回り、杜(もり)の都は熱気に包まれた。

 出発式で羽生選手は「金メダルを持って、…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです