メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

「個人枠」で東京五輪へ 全日本種目別

【種目別・男子】安里圭亮の跳馬=東京体育館で2018年4月28日、宮武祐希撮影

 体操の全日本選手権第2日は28日、東京体育館で男子種目別トライアルが行われた。6種目の個人総合で世界選手権(10月開幕、ドーハ)の代表入りを争う内村航平(リンガーハット)らとは異なり、得意種目で勝負するスペシャリストが「個人枠」という別の道で、2020年東京五輪を目指している。

 東京五輪は各国最大6人が出場できる。団体総合は従来の5人から4人に削減されたが、新たな出場枠が加わった。種目別のワールドカップ(W杯)の成績によって与えられる個人枠はその一つだ。

 18年11月から20年3月まで8戦行われ、3大会の成績で争われる。ただし、各国に与えられるのは1枠…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです