メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立

作業現場を公開 屋根に鉄骨と木材組み合わせ

公開された新国立競技場の屋根の鉄骨を組み立てる現場。鉄骨を国産の木材ではさみ、日本らしいデザインの象徴になる。奥は建設中の競技場=東京都新宿区で2018年5月11日午後3時12分、松本晃撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の整備を進める日本スポーツ振興センター(JSC)は11日、今月末で3年の工期が折り返しを迎えるのを前に作業現場を公開した。

 公開されたのは屋根の要となる根元部分の鉄骨。3層のスタンドを覆う長さ約60メートルの屋根は片側の端…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 浦和ルーテル 青学大系属校に 小中高校 /埼玉
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. 無許可走行 特殊車両、公道で鉄道客車運搬 大阪の会社を県警捜査 /静岡
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]