メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの ルールを学ぼう=越智貴雄

ロンドン・マラソンの沿道で、障害が重いクラスの選手を応援する観客たち=写真家・越智貴雄さん撮影

 4月22日、車いすの部からスタートしたロンドン・マラソン。29キロの上り坂地点。「障害の軽い」車いすクラスの先頭集団が坂とは思えないほどのスピードで駆け抜けると、沿道から歓声とともにスマートフォンを持った人たちが必死にその瞬間を捉えようとした。

 一方、同じ場所を「障害の重い」車いすクラスの選手がゆっくりと坂を上がろうとする時には多くの人がスマートフォンでの撮影はせず、拍手をした。一見、温かい反応なのだが、もし私が世界トップを目指す競技者の立場であれば、興奮した観客に写真を撮られたい。

 それぞれのクラスを簡単に説明すると、腹筋・背筋が動くかどうかの違いだ。クラス分けとは、五輪でいえば…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文628文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです