メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

新競技、10代席巻 都市型スポーツ「SNSで技磨く」

スケートボードの日本選手権で初優勝した16歳の伊佐風椰。東京五輪の採用を追い風に、10代の活躍が目立っている=@JRSF/吉田佳央

 2020年東京五輪で初採用されるスケートボードなどのアーバン(都市型)スポーツで、10代のアスリートが席巻している。競技は遊びの延長にあり、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の動画を見ながら技を磨いてきた若者たちが、五輪に新しい風を吹き込みそうだ。【田原和宏】

 13日に東京都内で開催されたスケートボードの日本選手権では男女合わせて52選手が出場したが最年長は20歳だった。女子で優勝した高校2年生の伊佐(いさ)風椰(かや)は16歳ながら競技歴は10年だ。日本代表の西川隆監督は「若手ではなく中堅」と評した。11歳と12歳の女子3人が強化指定選手に選ばれた。

 自転車のBMXフリースタイルは昨年12月、初めて日本選手権が開催された。初代王者に輝いた中村輪夢(…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文883文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです