メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

金沢市、事前合宿地に 仏ウエイトリフティング連と協定 /石川

事前合宿の協定書に調印する仏ウエイトリフティング連盟のジャン・ポール・ブルガリデス会長(左)と金沢市の山野之義市長=同市役所で、岩壁峻撮影

 金沢市と仏ウエイトリフティング連盟は15日、2020年東京五輪の事前合宿地になる協定を結んだ。同連盟のジャン・ポール・ブルガリデス会長はこの日、合宿会場に予定される市総合体育館(同市泉野出町3)も視察。1985年完成の施設だが、「整備がしっかりできている」と満足げだった。市による事前合宿の協定は昨年6月の仏水泳連盟に続き2例目。

 12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪代表の八木かなえ選手が金沢学院大出身ということなどもあ…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文438文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです