メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラアイスホッケー

特別支援学校生らに平昌出場・望月選手が魅力PR /静岡

 パラアイスホッケー(IH)日本代表で、平昌パラリンピックにも出場した三島市職員、望月和哉選手(37)が15日、県立東部特別支援学校(伊豆の国市寺家)を訪問し、児童・生徒約30人にパラIHの魅力を紹介した。

 望月選手は富士宮市出身で、高校3年の時にバイク事故で左脚を失った。講話では、リハビリのため滞…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです