メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

Promises・2020への約束 複合対談 競泳・大橋悠依×スキー複合・渡部暁斗

スキージャンプの飛び出しと水泳の飛び込みのポーズを取る渡部暁(右)と大橋=佐々木順一撮影

 <東京五輪まであと794日・パラリンピックまであと826日>

「金メダル」目標明確に

 競技の枠を超えて思いを語り合う「Promises 2020への約束」。今回のテーマは多彩な能力を求められる「マルチアスリート」で、ノルディックスキー複合で五輪2大会連続銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設、競泳の2017年世界選手権女子200メートル個人メドレー銀メダルの大橋悠依(22)=イトマン東進=が対談した。冬季五輪4大会連続出場のベテランと東京五輪を目指すホープが複数種目に取り組む難しさ、メンタル面の工夫などを語り合った。【構成・村上正】

この記事は有料記事です。

残り2703文字(全文2971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです