メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪壮行会

「みなさんの力必要」JOC会長、柔軟対応

 2020年東京五輪・パラリンピックへ懸案となっていた所属団体による壮行会公開の判断について、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は毎日新聞のインタビューに対して「五輪成功のためにみなさんの力が必要。可能なことは前向きに検討したい」と柔軟に考えていく姿勢を示した。

 五輪マークや名称などの知的財産を使用できるのは原則、五輪スポンサーに限る。2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪前、JOCは所属先でスポンサー以外の企業や学校による壮行会の公開はアンブッシュマーケティング(便乗商法)にあたると指導した。竹田会長は「規制は20年前から同じだった。基準を厳しくしたわけで…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです