メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

カーリング 金沢大出身の日本代表・両角友佑選手、10年ぶり凱旋 4年後へさらに前進 /石川

今後に向けた決意を色紙に記した両角友佑選手=金沢市で、岩壁峻撮影

 金沢大出身で、2月の平昌冬季五輪に出場したカーリング男子・SC軽井沢クラブの両角友佑選手(33)が5月末、10年ぶりに金沢を訪れた。男子20年ぶりの五輪で8位入賞。激動のシーズンを終え、オフもイベント出演など多忙な日々を過ごすが、「もっと競技が盛り上がるような結果を出していきたい」と今後の展望を語った。【岩壁峻】

 金沢には大学の恩師の招きで訪問し、大舞台での成果を報告した。大学卒業翌年の2008年に一度母校に来…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1057文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです