メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック

選手ら表彰 県、当初提案見送り 知事「一日も早く手続きを」 会派調整未了で /埼玉

 県民栄誉賞などを贈る際に議会の同意を必要とする条例を巡り、平昌パラリンピックで5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手らへの贈呈を検討する県は、関係議案の県議会6月定例会への当初提案を見送った。上田清司知事は11日の定例記者会見で「会期中にと思っている。できるだけ早くというお願いはしているつもりだ」と述べ、追加提案を目指す意向を示した。

 条例の対象は「県民栄誉賞」「彩の国特別栄誉賞」「彩の国功労賞」の三つ。上田知事は4月の定例記者会見…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです