メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの ヒーローがライバル=越智貴雄

サーブを放つ真田(左)と厳しいコースのボールを返す国枝=5月に開催されたジャパンオープンで、写真家・越智貴雄さん撮影

 実に11年ぶりの快挙だ。3日に行われた車いすテニスの世界国別対抗戦「ワールドチームカップ」男子決勝。日本と英国が対戦し、第1試合は、世界ランキング8位の真田卓(凸版印刷)がリオデジャネイロ・パラリンピック金のリードに逆転勝ち。第2試合は世界ランキング3位の国枝慎吾(ユニクロ)が1位のヒューイットにストレート勝ちし、第3試合のダブルスを待たずに優勝を決めた。大金星をあげた真田はフォアストロークでは世界一のスピードを持つ。性格は本人が言うには「人見知り」。しかし、雑談をしてみると、とても面白く…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです