メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの ヒーローがライバル=越智貴雄

サーブを放つ真田(左)と厳しいコースのボールを返す国枝=5月に開催されたジャパンオープンで、写真家・越智貴雄さん撮影

 実に11年ぶりの快挙だ。3日に行われた車いすテニスの世界国別対抗戦「ワールドチームカップ」男子決勝。日本と英国が対戦し、第1試合は、世界ランキング8位の真田卓(凸版印刷)がリオデジャネイロ・パラリンピック金のリードに逆転勝ち。第2試合は世界ランキング3位の国枝慎吾(ユニクロ)が1位のヒューイットにストレート勝ちし、第3試合のダブルスを待たずに優勝を決めた。大金星をあげた真田はフォアストロークでは世界一のスピードを持つ。性格は本人が言うには「人見知り」。しかし、雑談をしてみると、とても面白く…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. 民主ペロシ氏「話にならない」 トランプ氏「重要発表」提案に
  5. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです