メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

最高額30万円は開会式 入場券、来春販売へ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、一般販売する入場券について最高額を五輪開会式の30万円、最低額を競技の2000円とする案をまとめた。大会関係者が11日、明らかにした。7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認を得て、来春販売を目指す。

     入場券に関する有識者会議では、価格帯の幅を広げることを確認していた。【村上正】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]