メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

入場券、最高30万円 最低2000円 組織委案

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、一般販売する入場券について最高額を五輪開会式の30万円、最低額を競技の2000円とする案をまとめた。7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認を得て、来春の販売を目指す。

     入場券に関する有識者会議では、子どもに観戦の機会を与えることを目的に、価格帯の幅を広げることを確認していた。12年ロンドン五輪では最も高い開会式が28万9000円、最安が2880円(ともに昨年2月の調査時のレートで換算)だった。【村上正】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    2. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    3. NHKドラマ ヒロイン・広瀬すずさん 北海道ロケを公開
    4. 桜桃忌 没後70年・太宰治しのぶファン 三鷹・禅林寺に
    5. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]