メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

多様な人に観戦機会を 入場料、子供ら含めば2020円

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は3日、入場券に関する有識者会議を開き、販売戦略の大枠が固まった。子供や高齢者、障害者を含むグループ向けに低価格の入場券を企画するなど、多様な人々が観戦しやすいような機会を提供するのが特徴だ。

 グループチケットは開催年にちなんで2020円とし、開閉会式も含め、予選を中心にほぼ全競技を対象とする方針。ほかにも学校や自治体単位で小中高生向けに低額入場券を提供する「学校連携観戦プログラム」も考案している。立候補ファイルで五輪780万枚、パラリンピック230万枚の計1010万枚を販売する計画のうち、100万…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

  4. 東名あおり運転控訴審 初公判で即日結審 危険運転致死傷成否が最大の争点 東京高裁

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです