メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

証言 1964年東京パラリンピック/下 「働く場を」日本の父奔走 創設携わった英の「父」から薫陶

留学中に記念写真に納まる中村医師(右)とグトマン医師=「太陽の家」提供

 1964年東京パラリンピック選手団長の中村裕(ゆたか)医師は、留学先の英国で「パラリンピックの父」と呼ばれたルートビヒ・グトマン医師と出会ったことを契機に、東京大会の実現に人生をささげることになった。ともに偉大な先駆者である故人が、東京パラリンピックを実現させるまでの逸話と、大会で浮き彫りになった課題を、肉親の証言から描く。【高橋秀明】

 初夏に中村医師の故郷、大分県別府市を訪れた。妻広子さん(79)は記憶を一つずつ呼び起こしていく。中…

この記事は有料記事です。

残り1833文字(全文2053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです