メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火リレー、福島出発 復興五輪アピール

東京五輪の聖火リレー各都道府県の順番

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会、東京都、政府などのトップによる調整会議が12日、東京都内で開かれ、五輪の聖火リレーは3月26日に東日本大震災の被災地の福島県を出発することを決めた。

 招致段階から復興五輪を掲げており、組織委の森喜朗会長は「招致の源流を大事にしたかった」と説明した。福島県によると、県内外の避難者数は4万4878人(7月5日現在)。被災3県でも岩手県の5022人、宮城県の3556人(いずれも6月末時点)と比べ、最も多い。福島第1原発事故を含め、厳…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです