メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラ

聖火リレー 福島出発で決定へ

森喜朗氏=小川昌宏撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会、東京都、政府などのトップによる調整会議が12日に東京都内で開かれ、組織委の森喜朗会長が大会招致の時点で掲げた「復興五輪」の理念を重視し、五輪の聖火リレーを東日本大震災で被災した福島県を出発地とする意向を明らかにした。会議での了承を得て、正式に決定する。

 森会長は会議の冒頭、「復興五輪の位置づ…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文415文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです