メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火、試される東北復興 出発地福島

2020年聖火リレーの各都道府県順

 2020年東京五輪の聖火リレーの出発地が福島県となった。「復興五輪」の理念を実現する試金石となる選択だ。1964年東京五輪の聖火リレーは日本全国を熱狂に巻き込んだが、今回は各都道府県がルートを作成して、新たな姿を模索する。24日で開幕まで残り2年。本格的に大会機運の盛り上がりを図る時期に入ってきた。【田原和宏、村上正、松本晃】

 組織委が検討委員会を設置して聖火リレーのルートや出発地の選定を始めたのは昨年2月だった。当初から被…

この記事は有料記事です。

残り1482文字(全文1697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです