メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

会場建設、急ピッチ 開幕まで2年、都が公開

2020年の東京五輪まで約2年となり、整備が続く選手村=東京都中央区で2018年7月17日、佐々木順一撮影

 東京都は17日、開幕まで24日で残り2年となる2020年東京五輪に向け、都が建設を進めている晴海ふ頭の選手村(中央区)と臨海部の4競技会場を報道陣に公開した。選手村の現場では、無数のクレーンが動き、五輪期間中、各国選手ら1万8000人が滞在する宿泊棟の建設を急ピッチで進めていた。

 選手村は、約44ヘクタールの都有地に宿泊棟(14~18階建て)…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  5. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです