メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

マスコットの名前決まる 子供たち「早く会いたい」

東京五輪マスコット「ミライトワ」(左)とパラリンピックマスコットの「ソメイティ」のぬいぐるみを手に笑顔をみせるマスコットハウスのスタッフ=東京都千代田区の東京ミッドタウン日比谷で2018年7月22日午後1時13分、倉沢仁志撮影

「ミライトワ」日本らしい/「ソメイティ」愛着持てそう

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの名前が22日に公表された。個性的な名前となったが、デザインを決める投票に参加した子どもたちは「日本らしさが出ている」「愛着が持てそう」と喜んだ。

 野球・ソフトボールの開幕戦が開催される福島市の市立吉井田小6年の国井美里さん(11)は五輪の「ミライトワ」について「漢字が組み合わさって日本らしい。特徴の近未来感も出ている。福島に来て、盛り上げてほしい」と声を弾ませた。この日、東京都内で行われた発…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  5. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです