メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外山口県沖で空自F2戦闘機レーダーから消える 2人が搭乗
東京五輪

馬術の法華津 2度目の東京へ 出場なら79歳

2度目の東京五輪出場に意欲を見せる法華津寛=東京都内で2018年6月8日、宮本明登撮影

 2020年東京五輪は、24日で開幕まで2年となる。地元開催の五輪を目指す動きが活発化する中、2度目の「東京」に意欲を見せる選手もいる。1964年大会に出場した馬場馬術の法華津寛(ほけつひろし)、77歳だ。出場すれば79歳で、五輪史上最高齢記録を更新する法華津は「再び五輪が東京に戻ってくるのは感慨深い。体力が続く限り挑戦したい」と語る。【村上正】

 64年10月24日、東京五輪最終日。閉幕ムードが漂う中、法華津の五輪が始まった。当時の五輪憲章では…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1017文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 注目裁判・話題の会見 元モーニング編集次長は妻を殺害したのか 東京地裁・初公判詳報
  5. ややパリには遠く~南仏留学記 寒さを避けて楽しむ「ゲームの夜」 冬場のフランス、こんな過ごし方も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです