メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トークイベント

「小平奈緒選手を迎えて」対談詳報

 --小平さんが信州大に入学した当時は、どんな学生だと感じましたか。

 結城 中2で大学生に交じって全日本ジュニア選手権で初めて優勝し、「初代スーパー中学生」と言われていましたので名前は知っていました。やる気の塊というか、スケートの話をすればグッと鋭い視線でこっちを見て、私の言葉を一字一句聞き漏らしたくないという雰囲気でした。正直、技術は粗削り。「このままの滑りでは世界のトップはない。申し訳ないけど下手くそ。滑りを修正しないと、世界には行けない」と話しました。その時、小平は「先生、私はそれ(世界トップの滑り)をやりたくてここに来ました。たくさん指摘してほしい」と話し、そこからスタートしました。最初の夏は、何をやってもうまくいかず、涙目になりながら「どうすればいいのか」と繰り返していました。

 --中学、高校と全国で活躍し、五輪にも出場してメダルも取りました。順調な選手生活に見えますが。

この記事は有料記事です。

残り5804文字(全文6200文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです