メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで2年 お家芸、7階級金狙う 世界を知り、己を知る 柔道男子日本代表・井上康生監督

東京五輪に向けた選手強化の現状などを語る柔道男子日本代表の井上康生監督=佐々木順一撮影

 2020年東京五輪の開幕まで、24日で2年となる。地元開催の五輪で「お家芸」として活躍が期待されるのが柔道だ。12年ロンドン五輪で日本男子は史上初の金メダルゼロに終わったが、復活を託された井上康生監督(40)の下、16年リオデジャネイロ五輪では全7階級で表彰台に立った。柔道ニッポンを率いる井上監督に、強化の現状と東京五輪での目標などを聞いた。【聞き手・松本晃】

 --20年まで残り2年。現状の手応えは。

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2049文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです