メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酷暑と闘う

東京五輪まで2年/1 競歩・マラソン 手のひらに氷、体温調整

 <千代田区の最高気温39・0℃=23日>

 2020年東京五輪は猛暑が予想され、選手や指導者、サポートスタッフらは対策を講じている。酷暑と闘う競技現場の動きを追う。

 照りつける太陽、気温35度を超える暑さ。今夏も連日、猛暑が続く中、陸上男子50キロ競歩の荒井広宙(ひろおき)=自衛隊=は練習中に氷を握りながら歩く。「手に冷たい物を持つと、血液が冷えて体も冷えるんですよ」。16年リオデジャネイロ五輪で銅、17年世界選手権で銀メダルを獲得した荒井の暑さ対策の一つだった。

 日本陸上競技連盟は20年東京五輪も見据え、3年前から手のひらを冷却して血液の温度を下げる暑さ対策を…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1082文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです