メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment’18夏

東京五輪まで2年/2 「民泊」交流半世紀

 横浜市南区の丘陵にある閑静な住宅街。前回の東京五輪が開かれた1964年10月、当時はまだ緑豊かだったこの場所に、身長180センチを超す元ボクサーが夫人を連れ立って民家を訪れ宿泊した。夫フランク・リトルさんと妻アルビリタさん(ともに故人)。「当時は外国人がまだ珍しい時代。近所の人も驚いていた」。そう懐かしむのは、受け入れ先だった歯科医の林正三さん(88)だ。2020年東京五輪でも活用が期待される「民泊」は半世紀前の祭典でも導入された。

 リトル夫妻は当初、東京都内の別の家庭に宿泊するはずだったが、フランクさんがナイジェリア系米国人だっ…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1062文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです