メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酷暑と闘う

東京五輪まで2年/2 馬術クロスカントリー 氷水で馬を冷やす

 <千代田区の最高気温35・3℃=24日>

 生け垣や水濠(すいごう)を越えながら約6000メートルを走るクロスカントリー競技を終えた馬は呼吸を整えるために円を描くように歩き、クールダウンしていた。バケツを手にしたスタッフらが追いかけて、何度も馬の体に氷水をかけ続けた。

 今年5月、英国で行われた総合馬術大会のワンシーン。「馬が暑さに強いか弱いかは他の動物と比較できず、一概には言えません。ただ、『2大汗っかき』の動物は馬と人間。熱中症の症状もありますよ」。そう教えてくれたのは、日本中央競馬会馬事部の獣医師で、2020年東京五輪の運営に携わる間(あいだ)弘子さんだ。馬は基礎体温が人間よりも2度ほど高く、過酷なクロスカントリーを終えると体温が一気に40度を超えるという。

 氷水による冷却は、シンプルに暑さを和らげる。さらに体温を下げるため、スタッフは柄に金属などの輪を付…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文1030文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです