メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

野球の稲葉監督「福島県民とともに戦いたい」

あづま球場で開幕戦を迎える意気込みを語る野球日本代表の稲葉篤紀(左)とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督(中央)。右は内堀雅雄知事=福島市太田町で2018年7月24日、柿沼秀行撮影

 2020年東京五輪の開幕まで2年となった24日、野球とソフトボールの開幕試合が開催される県営あづま球場がある福島市で、野球日本代表の稲葉篤紀監督とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督、内堀雅雄知事らによるパネルディスカッションが開かれた。両監督は福島で県民と共に戦って勢いに乗りたいと語り、「復興五輪」成功への意気込みを新たにした。【柿沼秀行】

 大会組織委員会の2年前カウントダウンイベントの一環で、県が主催。県や各市町村などでつくる大会の推進…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文682文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです