メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酷暑と闘う

東京五輪まで2年/4 射撃・ライフル種目 心肺鍛え乱れぬ呼吸

92年バルセロナ五輪のライフル射撃で日本選手初のメダルを獲得した木場良平。東京五輪では木場以来のメダル獲得が期待される=橋口正撮影

 <千代田区の最高気温30.7℃=26日>

 暑さの影響を受けるのは、屋外競技ばかりとは限らない。その一つが射撃だ。短時間で集中して行うイメージが強いが、「射撃のマラソン」と呼ばれるライフル種目(50メートル)の男子の試合時間は、インターバルを含めて3時間を超える。競技開始は早くても午前8時半で、暑さの中で長時間、集中力を維持しなければならない。

 陸上のマラソンと異なるのは、「半屋内」で行われる点だ。銃を構える射台には屋根があるが、的までは吹き…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです