メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酷暑と闘う

東京五輪まで2年/4 射撃・ライフル種目 心肺鍛え乱れぬ呼吸

92年バルセロナ五輪のライフル射撃で日本選手初のメダルを獲得した木場良平。東京五輪では木場以来のメダル獲得が期待される=橋口正撮影

 <千代田区の最高気温30.7℃=26日>

 暑さの影響を受けるのは、屋外競技ばかりとは限らない。その一つが射撃だ。短時間で集中して行うイメージが強いが、「射撃のマラソン」と呼ばれるライフル種目(50メートル)の男子の試合時間は、インターバルを含めて3時間を超える。競技開始は早くても午前8時半で、暑さの中で長時間、集中力を維持しなければならない。

 陸上のマラソンと異なるのは、「半屋内」で行われる点だ。銃を構える射台には屋根があるが、的までは吹き…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです