メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

東京五輪まで2年/5止 「復興」発信に試行錯誤

日米対抗ソフトボールには子どもからお年寄りまでが駆けつけた=福島市の県営あづま球場で6月23日、寺町六花撮影

 「復興五輪」の象徴として2020年東京五輪で野球・ソフトボールの競技会場に選ばれた福島県営あづま球場(福島市)。6月に行われた日米対抗ソフトボールには約7000人の観客が集まり、2年後の祭典へ期待を膨らませていた。

 大会組織委員会は20年7月24日の開幕まで2年前となる節目に合わせ「復興五輪」の色を改めて強く打ち出した。懸案だった聖火リレーの出発地を福島県とすることを12日に明らかにした。18日にも、開会式前の20年7月22日に全競技の先陣を切り、県営あづま球場でソフトボールの開幕戦となる日本戦を実施することを発表した。

 「復興五輪」は11年3月11日に発生した東日本大震災から復興した姿を世界にアピールする狙いがあるが…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです