メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment’18夏

東京五輪まで2年/5止 「復興」発信に試行錯誤

日米対抗ソフトボールには子どもからお年寄りまでが駆けつけた=福島市の県営あづま球場で6月23日、寺町六花撮影

 「復興五輪」の象徴として2020年東京五輪で野球・ソフトボールの競技会場に選ばれた福島県営あづま球場(福島市)。6月に行われた日米対抗ソフトボールには約7000人の観客が集まり、2年後の祭典へ期待を膨らませていた。

 大会組織委員会は20年7月24日の開幕まで2年前となる節目に合わせ「復興五輪」の色を改めて強く打ち出した。懸案だった聖火リレーの出発地を福島県とすることを12日に明らかにした。18日にも、開会式前の20年7月22日に全競技の先陣を切り、県営あづま球場でソフトボールの開幕戦となる日本戦を実施することを発表した。

 「復興五輪」は11年3月11日に発生した東日本大震災から復興した姿を世界にアピールする狙いがあるが…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1089文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです