メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラ

「授業避けて」国通知、ボランティア促す

建設工事が進む新国立競技場=本社ヘリから西本勝撮影

 スポーツ庁と文部科学省は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの期間中にボランティアに参加しやすいように全国の大学と高等専門学校に授業や試験期間を繰り上げるなど柔軟な対応を求める通知を出した。

 多くの大学は7~8月が試験期間となる。通知では学生がボランティアをすることへの意義を説き、大会期間中…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 沢田研二さん 公演、直前に中止 「契約上の問題」と説明
  4. 仲畑流万能川柳 ママはなぜわかるんだろうボクのうそ
  5. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです