メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酷暑と闘う

東京五輪まで2年/5止 トライアスロン 天気分析、準備生かす

 <千代田区の最高気温28.5℃=27日>

 日本トライアスロン連合は7月下旬、2020年東京五輪の競技会場となるお台場海浜公園(東京都港区)周辺で気温や水温、湿度、風向きなどのデータ収集を始めた。トライアスロンはスイム(水泳)1・5キロ、バイク(自転車)40キロ、ラン(長距離走)10キロの3種目計51・5キロを休みなく続ける過酷な競技。本番と同じ時期に酷暑を含む気象データを調べ、対策を講じる。同連合の森谷直樹・情報戦略・医科学委員長は「データを日本代表にフィードバックすれば暑さを想定したトレーニングもできる。例えば、暑ければ水分補給で糖分(を加える)など中身を変えたりする」と語る。

 同連合がデータ収集で連携するのは民間気象会社「ウェザーニューズ」(千葉市)のスポーツ気象チーム。チ…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文997文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです