メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

ボクシング助成金流用 連盟、対象外選手に分配

 リオデジャネイロ五輪(2016年)にボクシング男子ライト級で出場した成松大介選手(28)=自衛隊=に対し、独立行政法人「日本スポーツ振興センター」(JSC)が15年度交付した助成金240万円を巡り、日本ボクシング連盟側の指示で別の選手2人に80万円ずつ配られ、3等分されていたことが明らかになった。助成金には選手の競技力向上などのため国費が投入されており、公金が目的外の使途に流用されていたことになる。

 分配されたのは、次回五輪での活躍が期待される選手らを対象としたトップアスリート助成金。各競技団体か…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです