メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「オール久留米で取り組む」 事前キャンプ実行委設立 /福岡

 2020年東京五輪・パラリンピックの事前キャンプの成功に向けた久留米市の実行委員会が30日、設立された。同市では、ケニアとカザフスタンが事前キャンプをすることが決まっている。

 この日、市内で初会合があった。実行委は行政、市議会、経済界、医療など各種団体の代表者らで構成。会長には大久保勉市長が就任し…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです