メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場

整備費27億円増 新たに地中障害物

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の整備費が当初の見込みより27億円膨らむことが3日、政府の関係閣僚会議で報告された。関連経費として旧国立競技場などの解体工事費に55億円を見込んでいたが、新たに地中障害物が発見され、82億円に膨らむという。

 事業主体の日本スポーツ振興センター(J…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです