メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
20年東京五輪・パラリンピック

顔認証採用 選手や関係者ら30万人対象 競技会場、厳重警備

IDカードを用いて顔認証システムの実演を行うバレーボール日本代表の島村春世選手=東京都千代田区内で2018年8月7日、小林悠太撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会とNECは7日、選手や大会関係者が競技会場や選手村などに入る際の本人確認として顔認証システムの採用を決めたと発表した。組織委によると、顔認証の採用は五輪では初めてという。【小林悠太】

 厳重な警備が必要な区域に入る選手、大会役員、運営スタッフやボランティアなど約30万人超の…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです