メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

CO2実質ゼロに 組織委と都が取り組み

排出量取引の仕組み=東京都のウェブサイトより

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、大会開催に伴って排出される二酸化炭素(CO2)を、実質ゼロにする「カーボンオフセット」の取り組みを東京都と協力して始めた。

 カーボンオフセットは、CO2の排出量を、さまざまな取り組みで得られた排出削減量で相殺する考え方。東京都は、エネルギー使用量が多い1200の事業所を対象に毎年のCO2排出量を、各事業所の目標値以下にするよう義務付けている。目標を超えてC…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです