メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

官民でテロ対策 県警本部で研修会、49機関参加 /富山

研修会であいさつする富山県警の長森雅明警備部長=同県警本部で、森野俊撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて官民でテロに備える「テロ対策ネットワークとやま」の研修会が7日、県警本部で開かれた。

 テロ対策ネットワークとやまは2016年に発足し、研修会を毎年開いている。この日は県警をはじめ、電力、鉄道会社や商業施設など49機関の64人が参加した。

 研修会の冒頭で、県警の長森雅明警備部長…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文281文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」
  3. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです