メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

ブラジル全22競技、浜松市「受け入れ」 事前キャンプで協定 /静岡

 2020年の東京パラリンピックの事前キャンプで、ブラジル選手団の受け入れを目指す浜松市は、受け入れる競技を東京大会で実施が予定されている全22競技とする協定書を、ブラジル・パラリンピック委員会(CPB)と結んだ。最大で350人ほどの選手団を見込んでおり、市は練習会場の準備や宿泊会場の調整を進める。

 鈴木康友市長が7月下旬、ブラジル・サンパウロ州を訪問。CPBのミザエル・コンラド会長と一緒に協定書に署名した。

 事前キャンプは、大会開催前の20年8月上旬から中旬に2週間ほど行われる予定。協定書には受け入れる2…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです