メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

東京へのSTEP アジアパラを前に 障害の程度に応じ区分 「クラス偽装」後絶たず

 開幕まで2年あまりとなった2020年東京パラリンピックへのステップとなる総合大会、アジアパラ競技大会が10月6~13日、インドネシアの首都・ジャカルタで開催される。競技性の高まりと共に注目度が増したパラスポーツだが、障害の程度に応じて区分する「クラス分け」など課題は多い。アジアパラを前に、パラスポーツの現状を探った。【谷口拓未】

 「クラス分け次第で、金メダリストが並の選手になる可能性もある」

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです