メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 貫いた「信じる心」=越智貴雄

 日本の酷暑とは対照的に、冬のオーストラリア・シドニーは肌寒い。それでも終盤のシーソーゲームでは鼓動が高鳴り、体が熱くなっていくことを感じながらシャッターを切っていく。日本チームに何度も襲いかかるプレッシャー。互いに苦しく、少しでも弱気になって集中が途切れた方が負け。どちらがその苦しさを乗り越えられるか。そんな張り詰めた空気の中、ブザーが鳴った。

 10日、日本チームが東京パラリンピックの前哨戦と位置付けていた、車いすラグビー世界選手権決勝で、2…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文607文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです