メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 貫いた「信じる心」=越智貴雄

 日本の酷暑とは対照的に、冬のオーストラリア・シドニーは肌寒い。それでも終盤のシーソーゲームでは鼓動が高鳴り、体が熱くなっていくことを感じながらシャッターを切っていく。日本チームに何度も襲いかかるプレッシャー。互いに苦しく、少しでも弱気になって集中が途切れた方が負け。どちらがその苦しさを乗り越えられるか。そんな張り詰めた空気の中、ブザーが鳴った。

 10日、日本チームが東京パラリンピックの前哨戦と位置付けていた、車いすラグビー世界選手権決勝で、2…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文607文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです