メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

授業より五輪ボランティア通知 学生頼みの「国策動員」

リオ五輪テストイベントで、選手たちに声援を送るボランティア=ブラジル・リオデジャネイロで2015年8月2日、小川昌宏撮影

 <access>

 2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア活動に学生の参加を促すため、スポーツ庁と文部科学省が全国の大学と高等専門学校に対し、大会期間中(7月24日~9月6日)に授業をしないよう暗に求める通知を出したことが波紋を広げている。学業よりボランティア優先なのか。当事者の学生や教職員の声に耳を傾けた。【和田浩幸】

この記事は有料記事です。

残り1926文字(全文2092文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです