メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 野球日本代表監督・稲葉篤紀氏

鈴木大地スポーツ庁長官(左)が1988年のソウル五輪で獲得した金メダルを手に、記念写真に納まる野球日本代表の稲葉篤紀監督

「日の丸」重さ全然違う

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」の6回目は、野球の日本代表「侍ジャパン」を率いる稲葉篤紀監督(46)を迎えた。プロ野球のヤクルト、日本ハムの選手として日本一を経験した稲葉監督は、2008年北京五輪にも出場。五輪への思いやチーム作りに対する考えなどについて、長官と語り合った。【構成・細谷拓海、写真・藤井太郎】

この記事は有料記事です。

残り2822文字(全文3023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです