メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク スポーツ庁指針策定 持続可能性ある部活に=友添秀則

 スポーツ庁は3月、運動部活動に関するガイドライン(指針)を策定しました。2020年東京五輪を控え国民のスポーツへの関心が高まる中、根本から見直す良い機会であり、運動部活動の羅針盤と考えます。

 私は指針を検討する有識者会議の座長を務めました。指針が策定された背景の一つに、運動部の生徒数減少があります。中学校の生徒数はここ10年間で約30万人減少しましたが、運動部の数は横ばいでした。一つの運動部あたりの生徒数が激減し、チームスポーツは成り立たなくなり、廃部・休部が相次いでいます。

 指針では社会の変化とともに部活動も形を変え、持続可能性のあるものに生まれ変わる必要性を訴えています…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1108文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです