メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

海浜幕張駅-会場周辺 千葉市独自にバリアフリー整備 組織委、ルート示さず /千葉

開催まで2年

 開催まで2年となった2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、千葉市はJR海浜幕張駅から、競技会場となる幕張メッセへの道路などのバリアフリー化を進めている。整備対象は周辺のホテルへのルートも含む計3・6キロで、駅に近いところを優先的に工事を進めており、8月1日現在、約2・1キロを整備した。

 市によると、最寄り駅から各競技会場までの道路は、障害者や高齢者が利用しやすいように配慮する必要があ…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです