メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

メダリストに花束を 産出額トップ、愛知県が提唱 暑さに強い品種開発

 2020年東京五輪・パラリンピックの表彰式でメダリストに花束を贈ろうと、花卉(かき)の産出額で日本一の愛知県が呼び掛けている。最近では14年のソチ大会までは花が渡されたが、16年のリオデジャネイロ大会から記念品になっている。生産者は日本の花をPRする絶好の機会と位置付け、夏の猛暑に負けない品種の開発に取り組む。

 大村秀章知事は7月中旬、鈴木俊一五輪担当相と東京都内で会談し、ビクトリーブーケを採用するよう提案し…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです